8/21/2017

しんかい

 夏休みも後半戦に入ったトコロで長男の自由研究に!ってことで

 ←コレに行きたいとリクエストされて上野美術館へ行って来ました。
 私としてはいつものザリガニとか、近場の磯でウミウシとかナマコとかを捕獲して観察すればこれ以上ない題材かと思うのですが、そんなことは口が裂けても言えるハズもなく、家族みんなで深海へ潜ってきました・・・
 こういった誰かが何か別の目的で用意してくれた所へ行かないと満足できないように育てると、いい大人になっても、せっかくの休日に「ネズミの国」とか「お台○ドット混む」とかに参加していないと気が済まない残念な大人になってしまうので私は全力で反抗したいのですが、そりゃ無理ってもんです(奥さんと長女がコワイので)
 ま、そうは言っても深海生物でだれよりもはしゃいで、オマケで隣に展示されていた恐竜の化石とかでもコーフンしすぎて家族とはぐれてしまい、帰りの車内では非常にバツが悪くて結局スタバやら、いろいろオゴらされてしまいました・・・
 日が沈みかけた頃の帰宅でしたが、長男を連れだしてセミ取りに行き、テンションの上がらないアブラを数匹捕まえてから、高いところにいるミンミンをゲットして、日が沈みだしてから低いところに出没しだしたヒグラシやツクツクなどをいろいろ教えながら捕まえて私なりの静かな主張は出来たのでまぁOKとしておきます。

 色気づいた長女の都合で家族そろってのお出かけなんていつ以来??という感じだったので良しとして作業報告行きますかね~~


  業者さまからのSHOVEL続き。
 ロッカーグループを。
  しっかり洗浄してロッカーボックスの面研磨を。
  オイル管理が悪かったんでしょうか?バルブステムとの当たり面がひどい虫食いだったので肉盛り修正して復活させました。
  シャフトの曲がりチェック→修正→ねじ山も修正。
  いつものようにロッカーボックスのシャフトが入る穴も修正しておきます。
  で、仕上げのサイドプレイ(シムは使いま千円)
  組み立てまで完了。
  オイルラインのフィッティングがチョット・・・なので追加工してから組み付けます。
  そろそろこっちも進めておかなくてはのコンプリート製作の50FLでなくって50ELでした・・
 書き間違えていました、ゴメンナサイ・・・・

 とにかくこれを進めます。
  まずはカムカバーを溶接修理。
  ケースあれこれ修正しながら、スタットをセットする所まで行けました。
  北海道で夜は頭突き・日中はひたすら爆走というハードスケジュールから帰って来たWGをちょこっと作業しました。

 オーナーさまだけに分かってもらえれば・・・の写真です。
きょうも電話と来客がひっきりなしで、おみやも頂いてしまいました。
 ありがとうございます!! 今夜さっそく「飲みくらべ」してみます~~~



   お疲れさまでした。

8/18/2017

そりゃそうですね

 「進み具合が分からない」と、お客さまからご意見をいただいて、そういえばずいぶんサボッてました・・
 ちょっとバタバタと忙しくて、今日は書こうかな・・と時計を見ると日付けが変わっていたりで書く気はあったんですが、書けず書けず・・なんてのは言い訳になりませんね。 来週からも少しちゃんとします。  という事で作業のご報告。


  SHOVELロワーエンド、ピストンピンブッシュとシリンダーデッキ面との水平チェック・修正。
  続いてオイルポンプのエア抜き→クランキングさせてオイル循環チェック。
  先にこの写真でしたね。
 この状態でオイルを循環させます。
  タペットローラーを打ち替えます。
  アライメントツールを使ってタペットガイド組み付け。
  付いていたガバナーがガタガタだったので交換します。
  何個か買って在庫しておいた中でも良い物を探してはみたんですが、やっぱりリベラのガバナーはポイントとの愛称はイマイチですね・・
 このエンジンはポイント点火なのでリベラでないメーカーの物を使いました。
  ポイントは接点が見事に真っ二つ・・・
  わかりますか??
 もちろん交換します。
  ポイントベースプレートが上下にカタカタと遊んでしまいます。
 目いっぱい下側に。
  で、上に。
 正確なポイントギャップ+点火時期を維持するのが困難なのでこのガタは修正して取っておきます。
 残りのパーツ全て組み付けてロワーエンドは完了です。
  トップエンドいきます。
  依頼主さまの方でもかなりキレイにしてくれてあるのですが、バルブガイドを抜くにはもうひと頑張りキレイにしなくては・・・なのでブラストを。
  あ、ブラストしたらクラック発見!!
 ここまでバックリ割れていると燃焼室側からバルブガイドを抜くのは無理ですね~~
  ここはガイドではなく、ヘッドにクラックが!!
  ここは”T”字にクラックが!!!
  溶接修理。
  溶接修理。
  マシニング仕上げ。
  他三か所もバルブガイド穴真円修正。
  バルブガイド製作。
  ここまで行って、冷静になり、シリンダーをボーリング屋さんへ発送しておくのが先と気付いたのでシリンダーを。
  ずいぶん歪んでました・・
 面研磨。
  リヤも同じく面研磨したらトルクプレート組み付けて発送です。
お盆休み中はたくさんお客さまが遊びに来てくれました。
 中でも宮崎県から自走!!で来てくれたお客さまにはビックリでした・・・
 みなさまありがとうございました。



   お疲れさまでした。

8/10/2017

さいかくにん

 今日テストランでひとっ走りさせていただいたこの車両、750ccサイドバルブ。
 やっぱり私はこのパッケージングが大好きなんだと今さらながら気付いた次第です。

  全ての個所に手が入ってはいるものの、随分と昔の事なので、かなりこなれていて良い具合にヘタヘタになっているというWLの醍醐味が一番味わえる最高の状態・・短パンTシャツビーサンで気軽に乗れてしまいそうな(乗らないすケドね)この感じ・・・
 ちょっと無理してでもやっぱり一台持っておきたいなぁ と今日は改めて感じちゃいました。  だってテストランは十分できているのに給油しないといけないくらい乗ってしまったくらいですから(ごめんなさい)

 どう逆立ちしても絶対に日本では作れないのだろうな・・と思わされる乗り物の代表例のひとつだと思います。
 アメリカという国は大嫌いですが、カルチャーはたまらない魅力であふれていて不思議でありながら分かりやすいお国ですね。

うっとりしてただけじゃなくってお仕事もちゃんとやりましたよ。
 リクエストされていたエンジンオイルは交換して、ミッションオイルは少なかったので足しておきました。
 WLはミッションオイルが2/3くらいまで減って来るとシフトタッチで分かるくらいの信号を出すので気付いてあげましょうね。

  クラッチのリフレッシュもリクエストされていたのでやっておきました。 車検も取得できているのでいつでもお渡しOKですが、納車するのが寂しい気もします・・・
今日はことさら暑かったですね~~
 作業場内ドえらい暑さで死んじゃうかと思いました・・

 皆さま熱中症などにはくれぐれもお気をつけください。




  お疲れさまでした。

8/07/2017

かんしゃかんしゃデス

 「もうすぐ誕生日ですよね?」と今日お客さまから電子タバコのリキッドを4本もいただいちゃいました。  手持ちの吸うマシンをなんとか4つ用意しておいしくよばれま~~す♪  楽しみです。

  そういえば、少し前にやたら何を吸っているのか?好きなリキッド・嫌いなリキッドなどなど、まるで取り調べみたいにあれこれ聞かれて不信感でいっぱいだったんですが、このためだったんですね。
 疑ってごめんなさい+ありがとうございます!!!


 さてさて作業報告を。

  今まで付いていたスプロケットシャフト、余裕で再使用できそうだったのですが、支給されたフライホイールとマッチしません(テーパー角が異なるため)
 高価なNEWシャフトを使うしかありませんのでご了承くださいマセ。
  S&Sはケースの合わせ面がイマイチな事が新品でもよくあるのでチェック→修正。
  意地悪なくらいしつこくチェックします。
続いてレフトサイドテーパーベアリングのディスタンス合わせ。
 大事ですよ。
  もひとつ大事。
 S&Sケースへ純正クランクを組み込むのでケースとの干渉が懸念されます。  純正と比べて厚みの薄いS&Sフライホイールが入ることを前提に作られているので当然です。
  そんな場合専用に「ベアリングシミュレーター」なるものがリリースされているのですが、ど~~もコレは馴染めないんですよね・・・
 私のやり方が悪いだけなんでしょうが・・・
  自作のコレが調子良いのでこっちを使って干渉チェック。
  で、クランク組み立て・芯出し。
  80ストロークなら問題ありませんが、74ストロークの場合はコンロッドビックエンドとスプロケットシャフトナットとの干渉も要注意ですよ。
  ではでは組み付け前の徹底洗浄を。
  我ながら上手く撮れました。
 360°オイリングシステム的なこの機構、すごく良さそうに見えるので、他の車両へも同様のモディファイをしたいといつも思うのですが、たった一つ難点が・・・これがラッピングした後の洗浄が非常に大変なのがたまにキズ・・
  ケース組み立て完了。
  オイルポンプは新品でもよ~~くチェックです。
 毎回必ずやっていますが、S&Sさんも製品管理が良くなったのか、ここ10年くらいは年式違いなどだった事はありませんが、昔に食らったトゥラウマが忘れられず。
 あれ?でもワッシャーが入っていません・・・
  エライでしょ?  こんなパーツも在庫していた私のお手柄で先に進めます。
  必ず負荷なくクルクルくんになるトコロがあるので根気良く芯出ししましょう。

 大事です。
勝手に決めさせていただいた本日のノルマまで行けたので、作業はここで終了です。
 これからJet-Run T-シャツの絵を書きます~~
 でも、さっき避難勧告が発令されてたんですよね・・・



          お疲れさまでした。